ブライダルローンはアルバイトでも利用できるのか?即日融資は可能?

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

カードローンは借りたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関わる資金と言っても結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や引っ越し費用などかなりのお金が必要になってきます。

ある程度結婚資金を貯めてから結婚しようと考えている方もいるかと思いますがブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!ブライダルローンを結婚式のため利用するという方が多いと思いますが金融機関からお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが肝心です。

結婚式にかかる費用だけでも300万円が相場と言われていますからまずは300万を想定し毎月の返済額や、借入金利を含めて計算してみましょう。

借入金が300万円でボーナス払いは無し、金利は7.0%、毎月4万円という感じで計算しますと、支払回数が100回になり、支払期間が8年3か月にもなるのです。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので100万円くらいは赤字になる人が多いようです。

だったら100万円のローンを組めばいいのでは?と思うかもしれませんが想定していたご祝儀が絶対受け取れるというわけではありませんから、ご祝儀を当てにするのは危険です。

銀行のブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のように専門のローンもありますが大多数の銀行では目的別ローンといったローンで提供することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供するブライダルローンもありますが結婚式場と提携している場合が多く、クレジット会社が指定する結婚式場で挙式をあげることが融資の条件となっていることが多いです。

銀行の金利はだいたい5%から7%が相場となっていますが式場提携タイプのローンの場合、6.0%から15.9%と高めになっています。

金利を考えると銀行のブライダルローンのほうがメリットが大きいのですがクレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

その中イチオシなのがジャックスのプレシャンテです。

金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上、限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

銀行のブライダルローンは目的別ローンというくくりに入っていることが多くリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使い道を結婚式や新生活の資金と限定することで普通のキャッシングローンと比較して低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使途が自由なフリーローンとなっています。

カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%前後が相場と言われていますので、格段に低金利です。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですがカードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので実は両者には大きな違いが何点もありますので注意が必要です。

まず、ブライダルローンというものは銀行や信販会社がサービスを提供している目的別ローンですがカードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

貸出金利についても大きく異なり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

申込手続きや審査に関してもブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的審査が早く、即日融資が可能なサービスも少なくありません。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンの場合、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられないというデメリットもあります。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して、金利が低いことには間違いないのですがキャッシングローンに変わりないので返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々の返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、利息を優先して返済して、決めた返済額内の残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息が多くなりますから、可能であれば返済期間を短くし、早めに完済してしまうが支払総額を抑えることができます。

ブライダルローンの借入が結婚式の御祝儀で賄えるのであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀では一括返済に足りない場合は計画を立ててゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

使い道が限られている目的別ローンとなっておりリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

カードローンなどのフリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類を提出する必要があることです。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

ブライダルローン組む際に1番多く費用が掛かるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴でどれくらいかかる相場なのでしょうか?番多いのは300万円から350万円の価格帯で全体の約15%を占めており次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

平均相場は調査した専門誌などによってばらつきがありますが平均して250万円から350万円程度が相場価格のようです。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更に「できちゃった婚」の場合には出産費用や新生児用品の購入費も必要となってきますのでプラス20から30万円を見積もってローンを組む必要があります。

オリコが提供するブライダルローンはブライダルプランというサービス名で収入制限や雇用形態、勤続年数などの条件はありません。

融資金額が50万円以下だと最長4年となります。

ローン申込書や本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になるほかオリコでの借入れ額の合計が50万円を超えてしまう場合は所得証明書類の提出が求められます。

又、オリコからの借入れ額と、他の金融業者からの借入れ合計額が100万円以上ある場合も直近3カ月以内の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンと言うローンを提供している金融機関はたくさんあるのですがどのようなポイントに着目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは使途が限られているローンなのですが資金の使途に関する制限は各種金融機関によっても異なることがありますので注意が必要です。

参考:ブライダルローン融資までにかかる時間は?【即日融資はムリ?】

例を挙げると、楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れは不可となっていますしジャックスだと、挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用も認めています。

ですから、ブライダルローンの選び方で大切なことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで容認されているかということになります。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんが毎月の返済額などを考慮して無理のないプランを組めるローンを選ぶことをおすすめします。

ブライダルローンを借りるにあたって、返済方法をどうするかと悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけないということを先に伝えておきます。

具体的に計算してみると、1人あたり3万円のご祝儀を包んでくれたと仮定し招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

100人を招待することが可能であれば300万円集まってご祝儀で完済しきれる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人は45%だそうでローンを組むに当たりキャッシングを利用している人はブライダルローンを利用する前に融資残高の確認が必要です。

新規の借入先として消費者金融を考えている人は総量規制がかかってきますので年収の半分を超える借り入れはできません。

事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行の場合でも、1人当たりの貸付総額というものが設定されている場合がありますのでカードローンを利用している銀行から追加で借り入れを考えているという人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借りることができますが、1人当たりの貸付総額が500万円のため、すでに楽天スーパーローンを300万円借りているという人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合も最大融資額は300万円ですが、みずほ銀行で無担保ローンを利用している人はブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

総量規制を知っていますか?総量規制というのは、収入の3分の1を超える融資を禁止とした規制で消費者金融などの貸金業者に対してこの規制がかけられるというものです。

結婚式は250万円から350万円かかりますから総量規制を考えると年収が750万円から1 050万円必要になります。

これから式を挙げようとする若い人はそんな年収はない人が大半でしょうし一生式が挙げられないんじゃ...と不安になってしまう人もいますよね。

しかし、銀行であれば。

貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外となります。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法が適用されますから総量規制の対象となります。

ブライダルローンもカードローンも同じ金融商品となりますので審査に通らなければ借り入れることはできません。

ブライダルローンは低金利かつ数百万単位で借入可能ですからカードローンよりも厳しい審査となります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴として年収が200万円以下であったり、勤続年数が1年未満、非正規雇用などと言う場合が多いです。

また、過去に滞納履歴や債務整理の経歴があったり複数のローン会社から融資を受けている人は危ないです。

又、今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので安心だと考えがちですが信用情報がないので信用度が判断できないために落とされる可能性があります。

ブライダルローンというものは、結婚に使途を限定してお金を貸してくれるサービスで通常のカードローンと比べて低い金利でお金を借り入れることができます。

消費者金融やカードローンには無利息期間があったりしますが、残念ながらブライダルローンには無利息サービスはありません。

結婚に関する資金を無利息で借りたい場合は無利息期間があるカードローンでブライダル資金を借り入れるのがいいでしょう。

カードローンであれば、30日程度の無利息期間が用意されていることが多いのでご祝儀で完済できる見込みがあれば、実質無利息のブライダルローンということになります。

消費者金融のカードローンというと高金利のイメージがありますが無利息期間内に完済できるものであれば、どれだけ金利が高くても関係ありません。