カードローンで苦労した話

私の友人は交際相手にも言えないカードローンで季節のコート代にも困るくらい苦労していたことがあります。
贅沢品を買わなくても、友人との付き合いはハンパなかったですから、口座の残高が底をつくのは時間の問題で、困った末にカードローンを利用したというわけです。
しかし余裕ができるのは一時的で、同じような生活を続けていたので、不安に思って計算してみると借金が膨らんでいて真っ青になったのです。
父に相談したらものすごく怒られ、親が肩代わりする形でキャッシング先に全額繰上げ返済できました。
でも、まだなんとなく不安です。
クレジットカードって限度額に達してさえいなければいくらでも使えますよね。
調子よく使い続けていたら、いつの間にかかなりの金額になっていて、引き落とし日に入金するお金に困った挙句、慌てふためいてしまって、キャッシングでその場をしのいだのですが、それ以上お金を用意出来ず、深刻な事態に陥っていました。
そのまま勤め続けていてもお金の問題は解決しないので一旦会社を辞め、退職金で返すしかないと覚悟を決めたのですが、悩み苦しんでいた私を見るに見かねて、両親が相談に乗ってくれ、命拾いをしました。
元本だけでも相当な額になっていましたが、利息を加えると500万円を超えてしまい、本当に驚きましたが、コツコツためていたお金を出させることになってしまいました。
申し訳なくて涙が出そうですが、何年かかっても返さなければいけませんから、ちゃんとした証書を作成し、けじめをつけたため、人並みの暮らしを続けることが出来るようになりました。
両親を失望させることの無いよう、気を引き締めて生活していきます。
カードローンの申込みで準備しなければいけないものは、考えているほど多くありません。
審査は金融業者によって異なりますが、一般的には顔写真つきの免許証、パスポートなどがあれば業者が必要とする基本的な情報は揃うので大丈夫です。
極端に言えば、免許証さえあればお金が借りられるわけですが、楽に借りれて楽に返せるかどうかは、お金を借りて使う人のバランス感覚や判断力にもよると思います。
収入と支出について一番よく理解しているのは自分自身です。
「これなら大丈夫」と思うような範囲内に借入も返済も抑えることが重要になります。

銀行カードローン審査甘いランキングは?【即日融資の窓口】