夜行バスの事故率って高い?

数ある長距離移動できる乗り物の中でも最安値というとバスを思い浮かべる人は結構多いと思います。

調べたところ東京と大阪の移動で片道2000円ほどというびっくりするような料金設定の会社も存在します。

そしてどの路線においても移動時間を睡眠に充てるとするとちょうど良いことが多くあえてバスという交通手段を選ぶ人もいるそうなのです。

時間的にはやはり新幹線や飛行機の数倍かかったりしますがかかる料金はそれだけお安いです。

一人での帰省など手軽で向いてるかもしれませんね。

数ある交通手段の中で夜行バスというのはその安さが最大のメリットと考えられます。

一方でもちろんデメリットというものもあります。

まず一番気になるのが安全性はどうなのかという点。

運転手個々人の体調や技術に大部分が影響される乗り物なので会社全体でサポートする体制ができているかも選ぶ際に重要な部分となります。

それから到着時刻に関してはきっちり合うということが難しいので到着する日は時間に余裕をもって予定を入れるようにしましょう。

さらに移動中は長時間座ったままになるのでむくみ対策など対処法を考えていくと良いと思います。

旅行するのに夜行バスを取り入れる賢い点として、ひとつめに夜行を使えば夜でも移動できるので例えば仕事終わりに出発して長い移動時間は寝て目が覚めたらすぐに観光ができるといったように時間を無駄なく上手に利用することが可能という点が挙げられるでしょう。

究極的にはたった一日の休日でも車中泊2泊で丸一日観光することもできるのです。

またなんといっても料金がとにかく安いというのが最大のメリットでしょう。

移動距離と比較してこれほど安価な手段というのもなかなかないのではないでしょうか。

身軽なお手軽旅にはもってこいの移動手段でしょう。

女子だけのグループや一人旅でバスを使っての長旅となると防犯面を不安に感じるということもあるかもしれません。

ましてや長い移動時間に寝てしまうと無防備な状態になりますから男性がいなければもっとずっと気楽なのにという意見も多いかと思います。

そんな声に応えてできたのが女性だけが乗ることのできる女性専用車両です。

男女同じ車両でもエリアがわかれている場合もありますが車両まるごと女の人だけというなら楽ちんです。

ぜひ安心して旅を楽しみたいですね。

どうしたら夜行バスに乗れるのかわからない...。

そんな人のために主な予約方法をいくつか挙げてみようと思います。

まず何と言ってもお手軽なのがネットでしょう。

リアルタイムで状況を確認しながら席を押さえることができ実際の乗車バスの画像を確認できたりもするので良いですね。

また電話からという手段もあります。

この方法なら不明瞭な点も聞けるのでその点良いと思います。

一部窓口などで乗車券を手に入れられたりコンビニの端末で購入できたりもします。

自分が利用したい会社について確認してから購入しましょう。

恋人や家族、友人などとの旅行を楽しみに毎日を過ごしているという人も多いでしょう。

そう考えるとお金も時間も無駄遣いはしたくないですよね。

お得に観光するために有効な手段の一つとして移動手段に長距離バスを取り入れてみるというのもアリだと思います。

最大のメリットは料金的な部分ですがそれだけではありません。

昼間なら最近流行りのSAで移動中も楽しめるでしょうし、夜行で行くなら移動しながら睡眠もとれて翌日の朝ご飯から旅先を味わう!なんてことも可能なのです。

引用:夜行バス予約取りやすい?公式サイトから!【外部サイトからの違いは?】

待ちに待った旅行ですし上手にやりくりして満喫したいですね。

夜行バスの本数が多い区間の一つに東京大阪間があります。

8時間ほどの移動で一万円に満たない料金のものが多いです。

違う手段での移動を考えてみますとオーソドックスに新幹線なら3時間で14500円ほどの金額になります。

飛行機で行くなら飛行時間は1時間ほどですが気になるのは一万円以上かかる費用と空港までの移動です。

こう考えると時間がかかる一方で金額面ではバスに大きなメリットを感じます。

そのときどきで移動の際求めるものは異なるでしょうから旅行やビジネスなど利用目的によって選べると良いですね。

ニュースで大型車の事故を見かけることがあります。

大きく取り上げられていたこともありよく記憶に残って気にしている人も少なくないことでしょう。

その名の通り高速道路を走っている車は一般道よりもかなり速いスピードで走行します。

技術的にも大きな車はそれだけで動かすのが難しいですし速度が速ければもちろんかかるパワーは甚大です。

一説によれば事故率自体は抜群に高いわけではないとのことですが動かしているのが主に人間の技術という点もあり深刻な事故になりやすいとも言えるかもしれません。

とにかく時間がかかるのが長距離バスの特徴のひとつ。

その移動時間が長くて疲れると感じる人のために対策を考えました。

まず何もすることがなくて暇でつらいという人にはモニター付きの車両がオススメです。

下を向いた姿勢がつらくて本が読めない人もこのモニターなら座席の前についているので酔いにくいと思います。

それから座った姿勢でいるのが苦しいという人は腰や首に余った毛布などをあてたり、もしくはフルフラットに近いくらい座席を倒すことができる車両を利用したりするのが良いでしょう。

休憩などのときにこまめに動くと体が軽くなりますよ。

長距離の移動に夜行バスを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか。

第一に最大の利点として考えられるのはとにかく料金が格安という点でしょう。

当然ながら安全面をおろそかにしてはどれだけ安くても意味がありませんのでそこは厳しい目でチェックする必要がありますが、移動に安さを求めるという人には最重要ポイントのひとつとなる部分です。

他にも上手に使えば時間も有効活用できるという点も。

夜行なら普段の就寝時間帯に車内で睡眠がとれるので翌日の早朝から用事を済ませることができます。

これはプライベートの旅行でも嬉しいことですよね。