おまとめローン審査が通りやすいというのは嘘?審査厳しいって本当?

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがフリーローンで対応することができます。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

おまとめローンの審査でつまづいている人は通らない原因をつきとめることが先決です。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローン利用者は多重債務者なので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

おまとめローンを利用することで毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンを利用し、借入先を1本化することが先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますので優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

参照:http://www.duquende.org/omatome/

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンを提供している金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなく貸付金額は元金の範囲内となります。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、おまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「おまとめローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますしサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利だと言えます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

複数の金融業者から借り入れがあると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので前向きに検討することをおすすめします。

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

完済できる借入先は整理すれば審査に有利になりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

おまとめローンを組む際に最も簡単な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということでweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。