有史以来、世界中に根づいて進化を遂げつつ生き延びてきているものと聞いて、あなたはどんなものを思い浮かべるでしょうか。国籍を超え、性別年齢に関わりなく、常に賭け事は人間社会に寄り添ってきました。ある者は財を成し、ある者はすべて失い、ある意味人生の縮図ともいえるギャンブルの世界には、たくさんの名言があります。生ける金字塔ともいうべき最強のプロのプレーヤー、フィル・ゴードンはポーカーの分野ではあまりにも有名で、生涯獲得賞金は220万ドルをゆうに超え、その攻略本も著しています。彼の名言に「水族館ではお静かに」というものがあり、解説しますとゲームには必ず勝者と敗者が必要で、"カモ"探しのような側面を持ちます。アメリカ人は俗語が大好きな民族で、臆病者のことを"チキン"と呼びますが、ちなみにカジノでのカモのことを"フィッシュ"(下手くそ)というのです。勝つためには負けてくれる人が必須なわけで、間違ってもカジノテーブル(水族館)で魚に暴れられては困るという構図です。見下したりせず、妙に本気を出してこないようバニーガールを呼んでカクテルをふるまったりします。ベガスなどで興じていて、ふるまいを受けそうになった時にはさらにチャーミングなバニーを呼び、ふるまいの倍返しをしましょう。その後は、神のみぞ知る、です。

関連ページ